本ブログへのご質問、お問い合わせ、コメント等があれば、電子メールにて matsui@matsui-glocal.com へお送りください。

2017年7月2日日曜日

生まれて初めて行った床屋を再訪

今日は、この世に生まれて初めて行った床屋さんを再訪しました。実に50年ぶり、福島市天神町の理容アサヒです。


たしか、生まれて初めて床屋へ行ったのは2歳か3歳のころ。室内はピンクっぽい色の内装で、椅子が4つか5つあり、5~6人ぐらいの女性従業員がいました。一番端の椅子に座らされて、ものすごく泣いて、女性従業員になだめられた記憶があります。

店はまだありました。今は、81歳になるおじさんが一人で経営しています。


おじさん曰く、3人の客を続けてやると体がかなりきついそうですが、客が一人も来ない日もあるとのこと。一日に5人ぐらい来てくれるといいんだけどな、とおっしゃっていました。

私の記憶はけっこう正しかったようです。周辺の居住人口が減り、客が減ったので、従業員はみんな辞めてもらい、奥様と一緒に店をやってきたのですが、数年前、奥様が体を悪くしてからは、一人で店をやっているそうです。

すぐ近所にあった銭湯、時計屋、スーパーなど、今はもうなくなった店々の話に花が咲き、おじさんも話が止まらなくなってきます。

おじさんで3代目なのですが、おじさん夫婦には子供がおらず、おじさんの代で店を閉めることになるそうです。

髪の毛を切っていても、かつての若い時のようには体が動かず、同じことをするにも時間がかかるようになったのが悔しいと言っていました。でも、まだしばらく、おじさんの体が動くうちは働いて、利益を光熱費などの支払いに充てるのだそうです。

店には、平成18年の近所の商店会加盟店のすごろくが貼ってありました。私の知っている懐かしい店がまだたくさん残っていました。でも、その商店会の中心メンバーだった店はすでになくなり、今や、商店会は解散状態となってしまったそうです。


私が小学校の時に通っていた英語学校のポスターも。こちらはまだあるみたいです。


店にはおじさんがたった一人しかいないはずなのですが、私には、お姉さんたちが私をあやす声をふっと聞こえてくるような気がしてならないのでした。昭和30年代後半のあの頃にタイムスリップしてしまいそうな・・・。

おじさん、また来ますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿